妊娠中や授乳中にオススメのノンカフェインのお茶

妊娠中の水分補給には、ノンカフェインのお茶を選ぶことをオススメします。
なぜなら妊娠中にカフェインを摂取すると、カフェインが母体から胎児の体に流れ込んでいくことになるからです
。母体のカフェインは、消化器の働きによって自然に排出されていきますが、胎児の体ではまだ消化器が完全にできあがっていません。
そのためカフェインが排出されず体内に残ってしまい、それにより発達が妨げられる可能性があるのです。
しかしノンカフェインのお茶なら、そういった心配をすることなく飲むことができます。
しかもノンカフェインのお茶には、タンポポ茶やルイボスティーなどがあるのですが、これらはいずれも食物繊維が豊富です。
そのため飲むことで、体内の老廃物の排出が促され、健康状態を保ちやすくなります。健康体で出産するためにも、妊娠中にノンカフェインのお茶を飲むことは、オススメなのです。
さらに、出産後の授乳中にも、ノンカフェインのお茶を飲むことをオススメします。
カフェインは、母乳からも赤ちゃんの体に入っていくので、やはり発育における妨げとなることがあります。
また、カフェインには神経を高ぶらせる作用があるため、赤ちゃんが摂取すると、興奮して寝つきが悪くなることもあります。
そういったことを避けるためにも、ノンカフェインのお茶の方が良いというわけです。
加えて、ノンカフェインのお茶で食物繊維をたっぷりと摂取すると、母乳が出やすくなります。
すると母乳育児をしやすくなり、赤ちゃんは母乳による免疫力アップ効果を得ることができます。
また、母乳量が増えることで消費カロリーも多くなるため、ダイエット効果も出てくるようになります。
このようにメリットが多いため、妊娠中にも授乳中にも、ノンカフェインのお茶を飲むことがオススメなのです。